2012年12月27日

2/23update: 開戦から10年 今問う イラク戦争の10年と日本







分科会C イラク戦争と自衛隊・在日米軍
15:00〜16:30  102 教室

・イラク派兵違憲訴訟が実現したもの
川口創さん=弁護士 2008 年に名古屋高裁で出された「自衛隊イラク派兵違憲判決」の弁護団事務局長

・米海軍との共同作戦に踏み込んだ海上自衛隊
木元茂夫さん=「原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会」などで反戦・反基地の活動

・民衆支援、「復興支援」と軍隊
谷山博史さん=日本国際ボランティアセンター代表理事

 国際紛争の解決のために武力による威嚇、または武力の行使は行わないという憲法9条のもとにありながら
「自衛隊の活動地域が非戦闘地域」(小泉首相)という強弁で自衛隊がイラクに派兵され、「日米安保」の名のもとに日本各地に駐留する在日米軍がイラク攻撃に参戦しました。
 安倍政権の再登場で9条改憲が声高に語られています。「武力で平和はつくれない」ことが明確になったイラク戦争――イラク戦争と自衛隊・在日米軍の問題を問い直し、これからの日本を探ります。

企画 WORLD PEACE NOW
問合せ TEL03-3221-4668

3Fロビーでの展示『WPN10年のあゆみ』もご覧ください
posted by WPN at 16:17 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/27up: 外務省「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」に対する緊急声明 ―情報開示と政府による検証を求める



内閣総理大臣 安倍 晋三 殿
参議院議長 平田 健二 殿
衆議院議長 伊吹 文明 殿
外務大臣 岸田 文雄 殿

外務省「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」に対する緊急声明―情報開示と政府による検証を求める

先週 12 月21 日、外務省は「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」として、2003年3 月に開戦したイラク戦争への、同省としての対応を検証したと公表した。一部報道では、「分厚い」報告書がまとめられたと報じられているが、公開されたのは、わずか4ページの要旨のみであった。これをもって日本のイラク戦争への対応が検証されたとはとても言えない。私たち市民団体とNGO は、以下の二点を求める。

1. 外務省の「検証」報告書の全文を公開すること2. 外務省のみならず政府および国会における独立した第三者の検証委員会により検証が行なわれること

1.報告書の公開に関して
今回の「検証」報告書について、外務省は外交的配慮を理由に公開しないとしている。だが、日本に先駆けてイラク戦争への対応を検証したオランダでは、「国連決議1441 に基づくイラク攻撃は国際法違反」「オランダ政府のイラク戦争支持は誤り」として550 ページにわたる報告書が2010 年1月にまとめられ、公開されている。2009 年7 月から検証が開始され、来年中には最終報告がまとめられると見られるイギリスにおいても、独立した検証委員会がトニー・ブレア元首相を筆頭に当時の政府関係者への聴取や政府文書の開示を行い、それらは検証委員会のウェブサイトで公開されている。これらの先例にくらべ、今回の外務省の「検証」はあまりに閉鎖的であり、客観的な批判に耐えうるものとは言えない。そうした閉鎖性こそ、「イラクが大量破壊兵器を所有している」という誤った情報を開戦にいたるまで主張し続けることとなった原因のひとつである。報告書を公開し、一般(市民)からも広く意見を求めるべきである。

2.第三者の検証に関して
私たちは、今回の外務省の「検証」が、日本におけるイラク戦争検証の幕引きとされることを強く憂慮する。オランダやイギリスの検証は、政府の指示の下に、独立した検証委員会が、イラク戦争と自国の関与について多角的に検証しているものである。それに対し、今回の外務省の「検証」は、同省がイラクの大量破壊兵器に関する情報について、誤った情報しか持ち得なかったことを認めたにすぎない。

私たちは、政府と国会に対し、改めて以下のことを求める。

1)独立の「第三者検証委員会」を政府および国会のもとに設け、「イラク戦争支持の政府判断の是非」「自衛隊イラク派遣の判断の是非」「政府のイラク復興支援の適否」の3 点を検証すること。同委員会が上記3 点についての情報開示や調査を行い、個人も含めた道義的・法的な責任の所在を明らかにすること。

2)「第三者検証委員会」による検証のプロセス、最終報告などが最大限公開され、誰にでもアクセスできるようにすること。

3)「第三者検証委員会」による最終報告を受けたうえで、日本政府としての見解を国内外に発表するとともに、必要とされる人道支援、被害者支援を行うこと。

イラク戦争の検証を行うことは、第166 回国会で内閣提出の法案第89号(イラクにおける人道復興支援活動及び安全確保支援活動の実施に関する特別措置法の一部を改正する法律案)可決の際の附帯決議で定められた国会の意思である。政府及び国会は、早期かつ内外の評価に充分耐えうる内容をもったイラク戦争の検証の実現に尽力すべきである。

2012 年12 月26 日
イラク戦争の検証を求めるネットワーク
(特活)日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)
(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)
ピースボート
非戦を選ぶ演劇人の会
WORLD PEACE NOW
posted by WPN at 16:14 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

12/23up: 2.11全国一斉!さようなら原発1000万人アクション

東日本大震災・福島第一原発事故の発生から1年の3月11日。その一ヶ月前にあたる2月11日前後に全国の主要都市、原発立地県に呼びかける一斉アクション。
現在、以下のアクションが全国で予定されています。

2/11(土) 13:30〜 東京都 代々木公園B地区
2/11(土) 14:00〜16:00 新潟県 上越市「ユートピアくびき『希望館』」
2/12(日) 13:30〜 愛知県 名古屋市 ※会場未定
2/12(日) 13:30〜 島根県 松江市「松江市総合体育館 大体育室」
2/18(土) 午後   北海道 札幌市「カデル27 大ホール」
2/18(土) 午後   愛媛県 松山市「愛媛県男女共同参画センター」
2/26(日) 13:30〜 佐賀県 佐賀市「どんどんどんの森 広場」

今後も各地でアクションが追加されていきます。
最新情報はこちらをご確認ください。

http://sayonara-nukes.org/cat/action/


 
 

posted by WPN at 11:43 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。