2010年12月02日

12/2up:ウィキリークスに注目

◎12月2日午後現在

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ウィキリークスのサイト等

【サイト】
http://www.wikileaks.org/
【ミラー】
http://cablegate.wikileaks.org/index.html
【Twitter】
http://twitter.com/wikileaks

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
http://jp.wsj.com/World/node_153969
ウィキリークスの公開文書、国際外交の舞台裏をあらわに
2010年 11月 29日 10:18 JST
内部告発サイト「WikiLeaks(ウィキリークス)」が公開した米国務省の数十万に及ぶ資
料は、国際外交の舞台裏をあらわにし、世界各国首脳の率直な発言や、アフガニスタンや
イラン、北朝鮮などの紛争地域に対して米国が時として用いる圧力外交の詳細を白日の下
にさらすこととなった。
ウィキリークスで公開され、欧米の複数のニュース媒体によって報じられた25万を超え
る機密外交公電には、ドイツやイタリアなどの米同盟国をはじめとする外国首脳による時
としてあからさまな発言が含まれている。
また、長年くすぶり続けている核問題に関する新たな真実も含まれており、イランの核
開発計画拡大に対する警戒感や、北朝鮮からの攻撃への長期的解決策として朝鮮半島統一
に関する協議が米国内で行われていたことなども詳細につづられている。
このほか、サウジアラビアのアブドラ国王がイランの核開発計画を非難するよう米国に
繰り返し要求していたことや、中国が米国にサイバー攻撃を仕掛けていたことなども公開
された文書から明らかになった。
国務省は、世界中の人権活動家や米国のテロ対策活動、イランおよびアフガニスタンで
の戦いを危険においやる恐れがあるとして、土壇場までウィキリークスの創設者、ジュリ
アン・アサンジュ氏に機密文書を公開しないよう圧力をかけていた。
また、アサンジュ氏の弁護士は、米政府に対して、文書の公開によって危険にさらされ
ると政府が考えている人物に関する情報提供を要請していたが、国務省の法律顧問、ハロ
ルド・コー氏は27日に送付された書簡で、その要請を拒否した。
書簡には「当該人物の人命保護を望むとしながら、相反する行為を行い、無数の個人の
人命を危険にさらしている。不法に入手した米政府の機密文書のさらなる公開や流布に関
する交渉には応じない」と記載されていた。
米当局によると、ヒラリー・クリントン国務長官は、ドイツ、サウジアラビア、アラブ
首長国連邦(UAE)、フランス、アフガニスタン、中国、英国の各首脳に直接連絡を取
って機密公電の公開について警告していた。
アサンジュ氏は既に、米ニューヨークタイムズ紙、英ガーディアン紙、独デア・シュピ
ーゲル誌に最新の公開文書を提供している。
コー氏はアサンジュ氏あての書簡で、ウィキリークスの行為は米国家機密法に違反する
ものであるとし、「ウィキリークスがそれら資料を保持する限り、法律違反に当たる」と
している。
記者: Jay Solomon, Adam Entous and Julian E. Barnes 翻訳: 原 尚子

続きはコチラ
posted by WPN at 16:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。