2009年07月09日

7/8up: 武力で平和はつくれない アフガニスタンに緑と生命(いのち)を ペシャワール会現地報告会 @ 9.19





フライヤーのデータはコチラ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【転載・転送歓迎】
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_

武力で平和はつくれない

アフガニスタンに緑と生命(いのち)を

ペシャワール会現地報告会

\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_

■日時:9月19日(土)開場13:30 開会14:00〜16:30
■会場:社会文化会館ホール
(東京都千代田区永田町1-8-1 TEL 03-3592-7531)
◎交通:地下鉄有楽町線永田町駅下車2番出口徒歩3分、地下鉄半蔵門線・南北線永田町
駅下車3番出口徒歩4分、地下鉄丸の内線・千代田線国会議事堂前駅下車1番・2番出口
徒歩6分
地図参照:http://www.syabunkaikan.org/Traffic.html
■講演:中村哲医師(福元満治事務局長に変更の場合有り)
※ペシャワール会HP http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/
■参加費:800円 ※手話通訳あります。
■主催:WORLD PEACE NOW

昨年8月、アフガニスタンで農業支援を行っていたペシャワール会の伊藤和也さんが武装グループに銃撃されて亡くなったというニュースは、私たちに大きな衝撃を与えました。その後、伊藤さんを含むペシャワール会の現地での活動が、農業支援や灌漑事業などで多くの成果をあげていることや、伊藤さん自身もアフガニスタンの地元の人たちに慕われていたことなどが大きく報道されるようになりました。
このように、ペシャワール会による草の根の協力が着々と進む一方で、日本国内では、アフガニスタンへの支援の在り方をめぐり、国際治安支援部隊(ISAF)に自衛隊を参加させるのかどうかなどの「非現実的」な議論がつづいています。

オバマ米大統領はイラクからの戦闘部隊の撤退を約束していますが、「テロとの戦い」という戦略は引き継がれ、アフガニスタンに米軍を増派しました。その結果、アフガン戦争の泥沼化はより深刻になり戦火はパキスタンにまで拡大しています。米軍の越境攻撃やパキスタン政府軍の作戦で多くの住民が生命を奪われ、数百万人が国内難民として逃げまどっているというのが現状です。

続きはコチラ
posted by WPN at 00:32 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。